キラリ ライフブログ

小中学生の子育て、楽しい学びの毎日を過ごす雑記ブログ

高校受験ストーリー~ママ友の雑談の情報がすごかった


f:id:miraclestars:20200707093048j:image
 久しぶりに、ママ友に会った週末。
小学生から知っていた子供は、早いもので
この4月から高校生。
人の子供の成長は早い。
そんな3人子育て中のママの情報量と
子育て経験談がリアルにすごく
ためになりました。

中学校選び

地元の中学(うちの娘が行っている中学)は、
内申点取りやすくて、テストが簡単だというのを聞きました。ほんとなのか~?

うちの地元では、中学校が選択なので4,5の中学から選びます。

  • 勉強に集中できる環境
  • 家から近い学区内
  • 部活で選ぶ
  • 電車に乗って私学が落ちてしまった生徒が
    集まる学校

など、それぞれ中学を選んで通っています。
勉強したい環境を選んで中学を選んだお友達が、勉強ができるレベルが高い生徒が集まり、内申点が「3」しかとれず、地元に通えばたぶん「5」がとれる実力だろうとのこと。
内申点で、中以下の学校に行った話を聞いて驚いた。

 

確かに高校受験は内申点は受験校を左右されます。
レベルを下げて上位をめざすのか?

勉強をしたい人たちが集まる学校に行くのがいいのか?小学校の息子の中学選択に考えさせられた雑談でした。

 

生徒会をすれば推薦もらえる

中学生になると行動範囲が広くなります。
ママ友の子供は、反抗期が長くてよく家出や親の知らない謎の行動に悩まされたと言っていました。
問題が多くて学校に相談したところ、
先生から「生徒会に、はいれ」とのお誘い。

2年間、生徒会所属。中学校から推薦をもらったそうです。
ですが、ママ友の答えは
「うちは、そんな推薦をもらえるようないい子ではありません。推薦はもらえません。」と
お断りしたみたいです。
思春期と反抗期の体験談は、うちもありえると思いながらきいてしまいました。

 

私立の部活

そんなママ友の子供は、私立校の野球部に入部しました。反抗期落ち着いたみたいです。

毎週、グランドのコート整備の手伝いがあり大変。平日は、学校からバスに乗ってグランドに行くから金かかる~。という、私立校の見えていない教育費。

私立校は、公立に二人行かせる金額と同じくらいかかるというお金のリアルな話。

 

おわりに

先輩ママ友の情報はとても参考になりました。男の子二人の子育て経験は、母を強く、たくましくするのを実感しました。同じ兄弟でもそれぞれの性格と個性を知っていて、子供にあった高校選びをしていると感じました。

高校説明会で子供にあってるかあってないかも決める材料のひとつだと、高校、大学になった息子は自分らしい学生生活送ってます。

たまにのためになる雑談は、ママ友のつきあいも必要だと思いました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村