キラリ ライフブログ

小中学生の子育て、楽しい学びの毎日を過ごす雑記ブログ

高校受験ストーリー 学費負担を軽減する制度の課税標準額はどうやって調べるといい?


f:id:miraclestars:20201104124331j:image

高校進学にむけて子供は勉強中ですが、
スケジュールの管理、体調の管理など
やるべきことがたくさんあります。

いろんな準備が必要ですが、学費の用意
が大切な準備のひとつです。

先日、学資保険の満期のお知らせが
きてお金のことを考えました。
「大学準備に300万」と言われて、
入った学資保険ですが、もうすでに高校
準備で必要な気がしてきました。
お金の不安がつきません・・・

 

 

就学支援金

貸付ではなく返済不要のこの公的な助成
が利用できます。


手続きは、高校に入学後になり
窓口も進学した高校になります。
この受験時に知っておくことも準備の
ひとつになるかもしれません。

 

国の助成である「就学支援金」は
国公立、私立どちらも対象になります。

年収によって軽減額(年額)が違うの
ですが、区分の計算式のあてはめる
標準額という家庭によって違うこの金額
がよくわかりませんでした。
下記が、その計算式です。

 

区分

区市町村民税課税標準額×6%
一区市町村民税調整控除相当額(※)

この標準額と調整控除相当額は、何を見て
確認すればいいのでしょうか?

私立高等学校等就学支援金事業|東京都私学財団

に問い合わせして教えてもらいました。

 

毎年6月に会社から給料明細と一緒にもらう
給料所得等に係る「区民税」「都民税」
特別徴収額の決定通知書

を見ます。


課税標準額とは

給料収入(年収)- 給料所得

課税標準の総所得という欄の金額を見ればよい
のです。

 

総所得とは
給料所得(手取り)- 必要経費 
と同じになります。

※必要経費は、毎月支払いしている保険料
や配偶者控除、基礎控除のこと

 

一区市町村民税調整控除相当額(※)
のこの※とは?

 

パートなら1500円
配偶者に収入ありで配偶者特別控除をうけて
いたら3000円をひく

と教えてもらいました。

 

この課税標準額を知っていれば、
年収の目安が
約590万円未満で、39万6000円の軽減額

約910万円未満で、11万8800円の軽減額

なのかわかります。

 

うちは、年額11万8800円の軽減額だということが
わかりました。
東京都内にある公立、私立高校に在学
する生徒が対象みたいです。

 

 

授業料軽減助成金

都の助成になり私立高校向けの制度に
なります。
公立は対象にならないのですね。

こちらも区分による計算式があります。

区市町村民税課税標準額×6%
一区市町村民税調整控除相当額(※)

は「就学支援金」と同じになるので、

課税標準の総所得という欄の金額

をいれて計算すればいいのです。

 

約590万円未満で、6万5000円の軽減額

約910万円未満で、34万2200円の軽減額

 

うちは、年額34万2200円の軽減額と
いうのがわかりました。

 

奨学給付金

公立・私立どちらも対象になる
貸付ではないものになります。

高校などの授業料以外の教育に必要な
経費(学用品・修学旅行など)の負担を都
が軽減する制度です。
区分は
生活保護世帯、住民税非課税世帯
住民税が均等割のみの世帯

おわりに 

学校から奨学金・貸付等の紹介のお手紙
をたくさんもらってきます。
収拾がつかなかったのですが、

公立高校進学ならこの支援
私立高校進学ならこの支援

と、問い合わせしたことでわかりました。
貸付金などもありますが、とりあえず
今は貸付のない方法での進学を考えて
いきたいと思っています。

私立高校進学で
年収目安約910万円ならば、
国の助成の「就学支援金」
都の助成の「授業料軽減助成金」
利用して、年46万1000円の授業料の
負担軽減になることがわかりました。
※在学校の授業料が上限

 

文科省の平均授業料は、46万円
娘の候補校を例にしてみると

A私立高校の授業料は、44万4000円
B私立高校の授業料は、40万8000円
C私立高校の授業料は、43万8000円

つまり、私立高校に進学すると、
授業料は公的助成で無料ということに
なります。
 

▽ランキング参加中です

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村