キラリ ライフブログ

小学生子育て、私立高校事情、アラーフォーの日常生活の雑記ブログ      ~毎日、楽しく、シンプルに~

ドリパスで「森の学校」のチケットとれず「映画はスクリーンで観るに限る」のに

11月13日金曜日、朝7時
ドリパスで、「森の学校」の上映チケット
の発売がありました。

ドリパスとは、ファンのリクエストで作品
の上映を実現してくれるものです。
どんな映画をリクエストしているのか
たまにチェックしていましたが、私が熟読している
ブログの方がずっと「森の学校」を応援
していて、それが実現されてなんだか
私もうれしい、絶対見に行く!という意気込み
でしたが・・


私は、ネット先行予約をとれる自信が
なかったので一緒に見に行く人に
お願いをしました。

ドリパスのチケットの取り方の
ネット情報を元に、事前に会員
登録して、朝6時からスタンバイされた
そうな・・
7時にはネットにつながったみたいなの
すが、TOHOなどの映画チケットを
取るのに慣れているのに、今回の
システムは、違っていてチケットがとれません
でした。

その後の状況を見てみたら、よくドリパス
を利用している慣れた人も、ネットが
つながらない、そしてドリパスも
アクセスが集中してサーバーダウンしたそうです。

 

▽隠れた名作を発掘する、今、何をリクエストしている?▽

www.dreampass.jp



三浦春馬くんの映画
「森の学校」を見たいファンが
たくさんいるってことですね。


DVD化もされていない、まぼろしの作品の
「森の学校」は、
「大きなスクリーンで見てほしい」
と監督も言っていました。
チケットとって、映画館で見たいです。
 

 

 

 

森の学校

国の省庁が選定・推薦された作品で
小学校や手作りの上映会で見ること
ができたまぼろしの作品です。

丹波篠山の大自然の中で子供が生き生き
と成長する姿を描いた作品です。

主人公を演じたのが当時の三浦春馬くん、
当時12歳。
私もちょうど同じくらいの子供がいて
子育て中なので、とても興味をもった
作品です。
子供とも是非観に行きたい映画です。


映画「森の学校」西垣監督

2020年11月15日の西垣吉春監督に
ようやく電話をしたというブログです。

名作「森の学校」の舞台や原作者の方、
監督のお話です。

映画『森の学校』/西垣吉春監督 - 京日記 花がたみ

 

監督からのコメントより
「地元を遠く離れた丹波篠山でのロケ
をして、一生懸命がんばった素晴らしい作品。
彼がこの世に残してくれた置き土産」

 

何度も読んだこのブログ

森の学校へ - 京日記 花がたみ

監督の言葉より
「本番になると集中力が一気に増す、
天性のものを持っていました。」


7月25日のブログにも、とても
素敵なことが書かれていました。

丹波篠山の自然って見てみたい。
映画の子役の三浦春馬くんのこと

「神様に近い人」
このブログを書いた人の想いなどは、
泣きそうになりながら読みました。

 

▽この写真、かわいい▽

news.yahoo.co.jp

 

おわりに

デジタル化でなければ、上映にかけることは
できないみたいです。
テレビ放映で多くの人に観てほしいという
思いはあるみたいですが、そうなるとコピー
されて本編が荒れる恐れがでてくる
と監督が言っていました。

YouTubeでいろんな作品を編集している
のを感心して、楽しんでいる私です・・

「映画はスクリーンで観るに限る」
監督が言うように、この作品は映画館で
見たいと思います。
子役のころの三浦春馬くん 傑出した俳優の
「原石の輝き」を大画面で観てみたいです。
チケット取れるかな~。

 

▽ランキング参加中です

PVアクセスランキング にほんブログ村

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村