キラリ ライフブログ

小中学生の子育て、楽しい学びの毎日を過ごす雑記ブログ

高校受験ストーリー ママ友に聞いた高校生活 友達との交流は大切

f:id:miraclestars:20210117172448p:plain


緊急事態宣言を受けて、学校行事が
なくなっただけではなく中学生の
部活動も中止になりました。

先日、ママ友に会ったので
「高校生の学校生活はどう?」
と聞いてみると、やはり部活動は
中止、それだけではなく、冬休み
明けから学校が行きたくない。
という状況になっていて、聞いて
しまって悪かったかな~という思い
でした。

部活動が中止、人と会うのも制限
されているのはみんなと同じ状況

何が、彼をそうさせてしまったの?
高校生になったら、子育ては卒業
とは限らない。
高校受験時のコース選択
など、他人事とは思えず、また
考えてしましました。

 

 

志望校の選択

高校を選ぶときに何で決めるか?

それは、部活、偏差値、通学しやすさ、雰囲気
など、子供が自分で決めることが多いと思い
ます。

 

彼は、部活で志望校を決めていました。
お話したときも
「高校行ったら、硬式野球に入りたい」
と、入学後のやりたいことを語って
くれました。

第一志望の都立高校に不合格になり、私立高校に
入学して野球部に入部しました。

ですが、入部してみると
硬式野球経験者が多数、とても厳しい練習
だったみたいです。

厳しい中でも、練習しながら、ちょっとふざけて
笑って、友達とじゃれあってなんとか
続けていたようです。


ですが、「ディスタンス」と言われたこの状況
そんな交流がなくなり、厳しい個別の練習のみ
が残ってしまって、ちょっとめげ気味・・


第二志望校に合格、コースの繰り上げ

私立高校には、コースが分かれていることろ
が多いと思います。

一般的なコースは
国公立、難関大学志望コース
私立大学コース
進学コース

という、志望大学によって3コース
よく見たパターンでした。
ですが、私立高校によって、特色、コース
はいろいろあります。



「当日の試験の点数がいい場合、繰り上げ
合格」

というのもあります。

 

「繰り上げ合格になりました。
是非、上のコースへどうぞ」

親なら、どうしますか?
子供なら、どうしますか?

 

友達の子供は、上のコースに認められたことが
うれしくて、国公立コースへ繰り上げ入学
しました。


入学後のクラス編成
「思っていたのと違う~」

の状況になったようです。
やはり、みんなが目指すのは難関大学です。
勉強する雰囲気と勉強が好きなクラスメイトたち。
部活動に入部している子が少なくて、その雰囲気
に馴染めないということになったみたいです。

 

そんななか、冬休みの大量の課題。
部活もない。学校が楽しくないという状態に
なったようです。

 

本人が決めた選択だから、がんばるしかないけど
部活の友達との交流、部活後のおしゃべりの時間、
寄り道、わちゃわちゃしたふざけ合いで、
いやなことも、つらいこともなんとかやって
これたけど・・

 

キラリの体験+学ぶ楽しさ - にほんブログ村 

おわりに

この世の中の状況で、彼にとって厳しさだけが
残ってしまったと言っていました。
学校、部活、コース選択、すべて本人が
決めたことだから、口だしはしないと
言っていました。

自分なら、子供にどう接するだろうか?
コース変更の時、なんと言うだろうか?
この状況が、自分の子供にもありえることだと
思いました。

この状況をどう克服していくのか?
本人は、とても考えているのです。
時々、学校に行くとなると体調が悪く
なるみたいです。
女の子と違って、男の子は、そういうところ
は繊細なのかもしれません。


今までにないこの世の中の状況で、子供たちの
友達の交流ってとても大切なんだと
気づかされたママ友の話でした。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村