キラリ ライフブログ

小中学生の子育て、楽しい学びの毎日を過ごす雑記ブログ

高校受験ストーリー 一般入試当日と子供のこと



f:id:miraclestars:20210223182125j:image

2月21日(日)は、都立高校の一般入試でした。
今年は、日曜日。
日曜日ということもあり、保護者の送迎も
多かったようです。

 

子供は、友達と一緒に入試に行きました。
友達は、過去問で数学100点をとった
と言ってたので、もう入試前から、自信喪失
と落ち込み気味でした。

「一人で入試に行くという選択」
それは、できなかったようです。

 

当日は、送迎しませんでしたが、
ようやく入試も終了したので、気分転換
に息子と出かけることにしました。

最初に向かったのは、「湯島天満宮」
最後の合格祈願と「梅の鑑賞」です。


f:id:miraclestars:20210223182022j:image


f:id:miraclestars:20210223181925j:image

 

ちょうど「梅まつり」の時期ということも
あり、梅が満開でとてもきれいでした。

 


12月の合格祈願に行ったときは、
まだ「つぼみ」です。
合格祈願の「絵馬」が、前回行ったときよりも
多くなっていました。
f:id:miraclestars:20210223181853j:image


「お礼参り」をしている子供や家族、
私のように「合格祈願」に来てるような
保護者です。
思っていたよりたくさんの人でした。

 

 

当日のお弁当
f:id:miraclestars:20210223181947j:image

 

コロナ禍の今年の入試は、教科の間の
休み時間が30分です。
お手洗いの「密」を避けたり、換気を
したり・・

 

お昼の時間は、1時間です。
弁当の定番メニューです。
からあげ、たまごやき、ほうれんそうの胡麻和え
プチトマト

娘の希望で、「大学芋」
冷凍のままいれるのですが、お昼ごろに
なると、カリカリしていい感じになります。

疲れた時にほしくなる甘いもの
そして、デザートは「りんご」

 

入試当日の時間割

  1. 国語 9時~9時50分
  2. 数学 10時20分~11時10分
  3. 英語 11時40分~12時30分
  4. 社会 1時30分~2時20分
  5. 理科 2時50分~3時40分

 

開場は、7時50分
7時50分前に学校に着いたようですが、
もうすでに校門の前には、たくさんの生徒
たちが待っていたようです。

 

入試が終了して、帰宅すると5時頃でした。

 

当日の持ち物

推薦入試を一度受験しているので、持ち物準備
はなんだか余裕感があったようです。

心配性の母は、

(前日にに準備してほしい。)



しかし、最後まで反抗しかしない娘は
「大丈夫、明日の朝やるから」

 

やはり、当日の朝は、めんどくさいことに
なりました。

「チャージないかも?電話代はどれ?」
「お守りどうしよう?受かる気しないしな~」
「キャップ、丸いの転がるからな~」
「えんぴつ、削ろっと・・」


朝から、これです。。。

だから前日にしてほしかった・・
「コンパスは?受験票は?筆記用具は?」

 

塾から準備するものについてお知らせが
きました。

「今年は、教科ごとの休み時間が長いので
その時間に勉強するものを準備しましょう」

  • 国語 漢字
  • 数学 関数など苦手だった問題
    プリントの答えや、過去問
    V模擬の解答

など

「その場で、暗記する為ではなく、次の教科に
頭を切り替えるために使いましょう」

ということです。

一般入試終了

帰ってくるなり、
「難しかった~。出来なかった~。」
でした。

「入試受けたくない、当日休んでいい?」
と言ってたので、(もう受験しただけまし)
と思って受け流しました。


点数がとれそうな数学は、まったくできなった
ようです。
「二等辺三角形の証明」
平成以降初めての出題らしい。
三平方の定理はテスト範囲除外でしたが
それを使うと気づける問題らしい。

 

点数をかせぎたかった「英語」も難しく
学校の先生が解いたところ
「いじわるな問題だった」らしい。


国語は、過去問からの漢字の出題(10問中6問)
でした。過去問をやった甲斐がありました。


5教科、今までのやった過去問の点数と比べると
点数がとれなかった結果で入試が終了
しました。

 

 

一般入試当日の18時頃
東京新聞のサイトに解答がアップされました。
毎年、17時くらいですが、今年は、終了時間が
遅かったので、遅めの掲載です。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

 

学校の授業の時に、答え合わせをするそうです。
ですが、
先に自分で答え合わせをするか?
迷っていました。

 

学校でやると、もっとショックを
受けるといい当日に点数をだしていました。

 

3月2日(火)は、合格発表日

結果がどうであっても、次へのステップに
行ける声掛けができるようにしたいと
思います。

 

 

はてなブログの読者登録はこちらから

キラリの体験+学ぶ楽しさ - にほんブログ村 

おわりに

一般入試が終了して、子供はその日は、
とても自由に過ごしました。
「ゲーム、漫画、アイス、テレビ」
を一通りやり、机を片付け始めたり・・

 

その後に、入試解答を見て答え合わせです。
合格点数に達していないことがわかり
「併願私立高校にも行かない」
と言っています。
「通信制の高校にして、高校は通わない」
とも言いだしました。

 

あ~、何が悪かったんだろうか?
志望校選択がよくなかったのかも
これから、どう接していけばいいのだろうか?
落ち込む毎日です。

 

「高校は、公立でお願いね。」
という親の希望を伝えることは、
子供にはよくなかったのだろうか?

 

他の親みたいに
「私立高校でもいいよ」
と言えば、子供は逆に公立高校に向けて
がんばったのでしょうか?

 

他の親子と比べてしまい、このままの反抗期で
高校生になるのかと思うと心配です。

入試が終わっても、いろんな問題が次々
とでてくる親子です。

一つづつ、問題解決して4月には、すっきり
した気持ちで新年度を迎えたいです。

 

 

▽ランキング参加中です

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村