キラリ ライフブログ

小学生子育て、私立高校事情、アラーフォーの日常生活の雑記ブログ      ~毎日、楽しく、シンプルに~

私立高校事情 経験者優遇の部活 辞めるかどうするか?

f:id:miraclestars:20211118202220p:plain

 

高1娘は、一応バドミントン部に
所属しています。
12月になっても、まだ素振り
それまでは、筋トレ
顧問の先生の作戦どおり
大人数の部員を「筋トレ」で
かなり人数が減りました。

経験者は、特に「筋トレ」は
ありません。
コートに入って練習できます。

初心者女子が3人残った
のですが、テスト前に
その部員メンバーも辞めて
しまいました。

その理由は
「推薦をとりたいから勉強をする」
もう一人は
「お友達が辞めたから、経験者の
人たちと雰囲気が合わない」
ということ・・

娘は、一人になってしまい
悩んでいました。

続けるか?辞めるかは?
本人が決めればいいと思って
るので、
「先生に今後は、どこにいれて
グループにいれてもらえるかを
聞いてみれば?」
とアドバイス

早速、次の日に先生に相談
すると
「考えてメールで知らせます」
とのこと


昨日きたメール
「いやかと思いますが、初心者の男子の
中に入って一緒に筋トレと基本練習
高1女子の経験者の時間に来ても
いいですが、ほとんど見学になると
思います。
副顧問か空いている人が教えてくれる
と思います。」

という返信

さあ、どうしよう・・・

男子10人の中で、筋トレや素振りか・・
ただ、部室というのがないので
練習で遅くなって、暗い中
一人6階の教室へいき着替えなければ
ならないと思うと、ちょっと
かわいそうになってきました。

そして、経験者の時間に来ても
いいという対応
娘に聞くと、
「副顧問はほとんど
来ない、経験者の人は、ずっと
コートで打っているから
そんな教えてる時間はなさそう」

と、これまた、
孤独になりそうな予感・・

 

こんなとき、親はどう
声とかけてあげますか?
どう、対応してあげますか?
こんなことで2.3日
悩んでます。


顧問の対応には、
なんかもやもやするし、
口出しできないし、
高校の部活ってこんなもの?
って思うし・・


一応、主人に相談してみると
「とりあえず、辞めずに幽霊部員
でいいのではないか?」
「様子見れば?」


辞めないという方法
それもありかな~?
顧問の辞めさたい作戦にのる
わけにはいかない。
と思わされました。
戦う必要なないんだけれど・・

いやいや、それだけではなく
顧問のやり方に不満あり
公立高校に通って、初心者で
テニス部に入部したけれど
スタートは同じで、練習内容も
同じで経験したので
それがあるのかもしれません。

高校から新しい部活を始めたい
部活で友達を作りたい
そんな気持ちで部活入部は
難しい環境
とくにめちゃ強豪の部活では
ないのに・・

すみません
顧問の不満は、まだ続きます。

学校の冬期講習が始まります。

勉強は、学校完結型の方針
なのでほとんどの生徒が
冬期講習に参加します。
それをわかっているはずと
思いますが、顧問の組んだ
練習時間は

冬期講習のばっちりかぶってる
時間
1年初心者と2年の初心者
(2年になっても経験者と
グループわけている)
経験者以外、全く参加できない
のでは?


どういうことなのでしょうか?
時間も1時間半
経験者は3時間半

もちろん経験者は、冬期講習
でお勉強して、お昼を食べて、
部活というスケジュールが
組めます。

「この練習時間に対してみんな
何か言ってるの?」
と聞いてみると、
娘は、部員のグループメッセージ
をチェック

「冬期講習なので全部行けません」
「帰省するので行きません。」
「シューズ忘れたので休みます」
「何日休みます。」
「ほとんど行けません」

など、行けないメッセージ
がたくさんでした。

たぶん顧問も見てないだろう・・
出欠もとってないだろう・・
ということで、同じように
「冬期講習のため、行けません」
と返信

いろいろ悩んでいた娘だけど
主人の真剣には考えてなさそうな
悩み解決
「幽霊部員で様子をみる」
で年を越すことにしました。

あと、3か月で新1年生が
やってくる。
また「筋トレ」チームに降格か?

とりあえず、もう一つの
「ボランティア」の部活にも
所属しているので、そちらは
一人でも行っています。
週末は、他校との交流なので
ちょっと気が紛れているよう
です。

水面下の顧問との戦いは
つづく・・


キラリの体験+学ぶ楽しさ - にほんブログ村 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ