キラリ ライフブログ

小学生子育て、私立高校事情、アラーフォーの日常生活の雑記ブログ      ~毎日、楽しく、シンプルに~

高校受験ストーリー 塾の三者面談は、志望校の心配と高校入学後の不安しかなかった

f:id:miraclestars:20210120235455j:plain

今日は、塾の三者面談がありました。
一般入試をどこを受けるかを
確認するような内容です。

 

冬期講習は、他の塾に行ったので、
あまり熱心には対応してくれるとは
思っていませんでしたが、やっぱり
予想通りです。

「最終決断は、ご家庭の事情もあると
思いますので、決めて下さい」
とのこと

それは、わかっているんだけど・・・

 

12月のV模擬

本人には、12月のV模擬テストで
「S」「A」「B」なら受けてもいいと
言っていたけど「C」判定でした。

 

親としては、私立は金銭面で厳しいので
公立希望です。
志望校を下げたら?と言ってるのですが
その選択肢がないみたい。

 

過去問題も全くせず、怒りが爆発しそう
というか、しています。


塾は、「あと1か月あるので、親にがんばりを
見せろ」と娘に言うが、そんなアドバイスより
も、この状況は厳しいことを伝えてほしかった。

一般入試の願書提出

1月22日までに「一般願書の提出」です。
2月2日に推薦入試の発表日です。
推薦で合格している場合もあるので
「受験料領収証」は添付しません。
結果発表を見てから、その日に受験料を
支払います。

いろいろと同時進行で大変です。

1月のV模擬の結果がまだ確認できず、
志望校を書くのに戸惑いがあります。


とりあえず2月2日まで時間があるので
娘と相談して空白でだすことにしました。

「22日には志望校書いて提出言ってたから
あー、先生にいやみ言われる」
「もー、チェックがめんどくさいのよ。
って先生言ってて、ママと一緒」
と、言ってる娘です。

心配ばかりなのに、反抗期の対応にも
疲れてます。

 

面談の内容は、不安要素しかない

面談は、第一、第二志望の高校の
授業計画や進路状況などのお話でした。

 

上位30位に入らないと、大学進学が難しい
春休みには、すごい課題を出してくるから
こなすのが大変
2020年度の入学試験結果や倍率の資料の
説明「大学入試は、全国大会です」

などなど、不安要素ばかりのお話
大学の偏差値、学部の一覧表は参考に
なるのでありがたい。
早くから、情報を知れてうれしいと
プラスに解釈することにします。


そして、最後の流れは、
「合格したら、遊ぶのは卒業式まで」

そのあとは、
「高校入学後の5月の定期試験のスタート
ダッシュ」
と、塾の早割、予約キャンペーンへの
流れでした。

 

キラリの体験+学ぶ楽しさ - にほんブログ村 

おわりに

今日の三者面談で、この悩みが少しは解消される
かな?と思っていましたが、心配と不安しか
残りませんでした。


そして、反抗期という中学生は扱いが難しいです。
いろんなところで衝突して話にならないことも
多いです。


子供のがんばりを無駄にせず、志望校に挑戦させて
もし駄目なら私立高校の併願校へ入学ができれば
いいのですが・・

上が大学受験の時に、下の息子中2で塾通いの可能性
ありなので、教育費が考えただけで恐ろしいです。

 

「第一志望校合格」のために、残り少ない日数を
娘はどんながんばりを見せてくれるのでしょうか?

それを願うばかり・・

学校からは「卒業文集」の原稿をもらって
きました。受験勉強にプラスです。
書くというのが苦手な娘
「時間がない」とイライラしそうなのが目に見える・・

母は、反抗期の娘と上手く関わること
想定外になるかもしれない教育費など
頭を悩ませています。

 

▽ランキング参加中です

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村