キラリ ライフブログ

小学生子育て、私立高校事情、アラーフォーの日常生活の雑記ブログ      ~毎日、楽しく、シンプルに~

私立高校事情 高1の三者面談で文理選択確認

f:id:miraclestars:20211210151919p:plain

高校になっての初めての「三者面談」に
行って来ました。

学校に行く道、高校生の服装チェック
入学時に購入した約3万のコート
娘いわく「だれも買っていない」
が気になったので・・

たくさんの生徒とすれ違ったけど
「購入している人ほんとにわずか」

コート着てるのは中高一貫生
6年間着用できるから、買うよね~。

女子高校生スタイルは、
カーデガンを下にきて、ブレザー
ブレザーは、ボタンはずして、
もこもこふわふわマフラーで
首元あったか

黒タイツもいいことになってる
けど、ミドル靴下かハイソックス
足は、寒そう

うちの子は、さっかく買ったコート
は、今から着て、ハイソックス

ハイソックスが、ローファーで
すぐかかとに穴があいたり擦れたり
します。1足900円だから
なかなかの出費

服装チェックとかあるけれど
下校時は、スカートを短くして
それなりに着こなしてるんだな~
と、服装チェックとかしながら
してたら、あっという間に
学校に到着

 

 

文理選択の確認

さんざん悩んだ娘は「日本史」にする
ことにしたようです。
でも積極的な選択ではありません。
ネットなどで調べたりしての
判断。これでいいのか~?

一応、決定でしたが
先生にも相談という感じで聞いて
みました。

「参考になるかわかりませんが、
クラスの半分は、文系。
20名中、2人が世界史選択しました。」

たった2人・・

娘が言うには
「一人は、世界史が学年1位の男の子、
一人は、海外の建物に興味がある男の子」
のようです。
積極的に学びたいを感じる世界史選択です。


「大学受験を考えるならどちらの
教科が有利ですか?」
と、聞いてみると、

「大学に進みたい学部によります。
2年生で、政治経済という授業があって
それがおもしろくて、3年で政治経済
を選択する人がいます。
ですが、大学受験の時は、受験できる大学
が少なくなるので、そこは調べて選択した
ほうがいいです。」

というアドバイス
政治経済は、現代のことを勉強するので
範囲が少なく、大学側も受験科目に
あまりしたがらないようなのです。

3年での選択の社会は「8時間」
政治経済は、8時間も勉強する高校は
ほとんどないので、逆に「政治経済」
を3年で選択して、受験科目にすると
他の高校生より学習時間が長いので
ほとんどの生徒が、社会で偏差値をすごく
上げることができている。
例えば、英語、国語、政治経済で受験
すると、社会が二つの教科の偏差値も上げる
という現象をおこしている生徒は多いです。


ということも教えてもらいました。
それを聞きながら、なるほど・・
と思いながらも、時間も社会できるのか?
と我が子を思いました。


指定校推薦や推薦の話

話の流れで「推薦」の話になりました。
この高校で推薦での受験は、絶対無理
だと、面談で確信しました。

1年からの3年までの成績の評価
で学校にまず推薦をもらうのですが、
ほとんど学年1桁順位が持っていく
ということ

推薦も、一貫生と一番上のコースが
ほとんど持っていく
のでかなり難しいのです。

その子たちのがんばりと争奪戦は、
今もう始まっています。


「朝7時から8時までの自習室で
勉強をして、8時になったら
職員室前で質問を待ち構えています。」
推薦とる子は、質問攻撃がすごい
ようです。

そんな生徒たちが推薦もっていくの
ですよと・・

高2、高3の三者面談

「高2の三者面談には、受けたい大学と
学部を教えて下さい。」

「高3の三者面談には、安全圏の大学3校
実力的にあっている大学3校、挑戦校3校
約10校を決めてくること」

になっているようです。
1年後・・
2年後・・
もうすでに大きな課題です。
あっという間に高校生活が終わる予感

女子は、滑り止めの大学に「女子大」
を選んでいます。
という情報も教えてもらいました。
あんまり考えてなかったので、それは
情報収集しないいけないなと思いました。

 

キラリの体験+学ぶ楽しさ - にほんブログ村 

おわりに

30分という限られた時間の中で、質問
に対して、学校の生徒の様子を交えて
答えてくれてすごく有意義な時間でした。

帰りは、子供と学校の中を見学しながら
帰りました。
1年前に学校見学で見たのにスルー
していたことが多いことに気づきます。

自習室では、1,2年と3年生で分かれて
の教室
テスト前ということもあり満席でした。
進学大学とコースやクラスの張り出し
は、高校見学の時にも見たけれど、
そこで気づかなかった点は、名の知れた大学
の合格は、ほぼ一貫生。
私は、一番下のコースの生徒がどこの大学を
受験しているのかを参考にしました。
子供に気づかれないように・・
大学とコースが多すぎてまだまだ、親も
お勉強が必要だと感じた「三者面談」でした。

 

kirari-life.com

 

 

kirari-life.com

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ